青春少年マガジン1978~1983

青春少年マガジン1978~1983は小林まことの週刊少年マガジン創刊50周年で描いた自伝的な作品。
正直、小林まことの作品は小さい頃、「What’s Michale」をアニメで観てた程度で、「1・2の三四郎」も、「1・2の三四郎2」から読んだ人間なんです。

この作品には、小林さんの漫画の裏話、エピソードが描かれています。
また、様々な漫画家や原作者、編集者の人が出てきて、小林さんの同期2人を含めて新人3バカトリオと呼ばれていた小野新二、大和田夏希なども出てきます。 (しかし、どちらもすでにお亡くなりになられて、その事も描かれおり、お二人を追悼する漫画にもなっています。)

この漫画を読んで、漫画家とは心身ともにすごく過酷な仕事だと初めて痛感いたしました。
ものづくりで生きていくとは、おそらくこういうこと。
しんどいなぁ、でもコレしか出来ねぇなぁ、という人しか残らないんじゃないかと思う今日この頃。
綺麗事だけでは耐えられぬよ。