とにかく美しい!ベルサイユのばら

言わずと知れた名作、ベルサイユのばら。
この作品が好きで好きで、ベルサイユ宮殿を見に行くためにパリ旅行までしてしまいました。
まず、とにかく絵がとてもきれいです。

カラー絵なんかはため息が出てしまいます。
そして、これほど楽しく歴史の勉強ができる作品はめったに無いのではないでしょうか。

フランス革命という激動の時代を、美しく激しく駆け抜けていく登場人物たち、
自然と年代や用語、人物の名前など覚えてしまいます。

恋愛ドラマも秀逸で、いまの時代にはなかなかない、胸の内にしまうような苦しい恋心、やっと結ばれたのに死が二人を分かつ悲劇、感情移入しまくりでこちらが苦しいくらいです。

この作品は発表されてかなり経ちますが、今でも絶大な人気を誇るのが何とも納得な内容です。

この作品を熟読した後、本物のベルサイユ宮殿を訪れた時の感動は一生の宝物です。