電子書籍のメリットとデメリット

電子書籍が普及している現代、私も電子書籍の利用者の一人です。

電子書籍の便利なところは、本屋さんに出掛けなくても、読みたい時に読みたい本を買って読めることだと思います。

電子書籍を購入してもかさ張らないので、置場所に困る心配もありません。

だけどその反面、電子書籍が雑なものに見えることもあります。

例えば、電子書籍をどの程度本を買ったか把握しきれていない気がするんです。

以前に購入した電子書籍を、また購入したこと事態忘れていて、再度購入しそうになります。

かさ張らないし、安いのでまあいいかという気軽な気持ちで購入するため、そういうことが起きるんだと思います。

購入する際に心配が少ないのはいいことですが、一つ一つに対する想いは軽くなってしまってたのかもしれません。

紙面の書籍を購入していた頃は、その本がどれだけボロボロになっても、愛情を持って家に置いていましたが、電子書籍の普及によって、本に対する気持ちが薄れているのは否めません。

また、電子書籍のメリットは気になる本が無料立ち読みできるところです。

ネット経由で購入する場合、中身が確認できないし、実店舗の本屋でも漫画の場合カバーが掛けられていて立ち読みすることができません。

その点、電子コミックなら、購入前の立ち読みで内容が確認できるところが便利だと思います。