漫画の魔法使いの嫁がとても面白い

魔法使いの嫁は名前の通り魔法使いの嫁になりお話が始まります。

主人公である羽鳥智世が売られる所から始まり、魔法使いであるエリアスエインズワースに500万ポンド日本円にすると約8億5千万円で買われます。

これはエリアスエインズワースが羽鳥智世に魔法使いの才能を見出だしたからこんな高値で買ったのですよね。

魔法使いの才能があるなんて運が良いとエリアスエインズワースが口にしたのですが、羽鳥智恵が良かったことなんて一つも無かった…!と言うのですよ。

そのシーンがとても心にグッと来ます。

その後のエリアスエインズワースの言葉もとても良くて良かったと思えるようにしようと告げるのですがそこもとても良くて1巻から続きが気になる内容ですし、その後5巻まで読んだのですがその後も続きがとても気になりますし良い作品です。

特に1巻から読者を引き付ける魅力がある作品でした。

後は魔法使いの嫁には特装版も存在するので、ファンにもなりやすい作品です。

特装版はとても魅力的ですし、今から読み始めるのであればオークションなどで購入を検討するのもありかなと感じさせてくれる程面白くて、魅力的な作品です。

エロい人妻を魅力的に描く、あらくれ 漫画の人妻とNTR下見旅行は、無料立ち読みしてみたらすごくエロかったので、思わず購入してしまいました。

人妻が寝取られるエロ漫画っていいですね。