今、将棋漫画「3月のライオン」が熱い

この漫画の主人公は、17歳のプロ棋士、桐山零。

彼は幼い頃に、交通事故で家族を失っている。

その後、父の友人に引き取られたのだが、彼はそこで居場所を感じることが出来なかった。

将棋しかしてこなかった、将棋をするしか生きていく術はなかった。

深い孤独を抱えながら必死に生きる彼が、様々な出会いを通じて人として成長をしていく物語だ。

作者は、「ハチミツとクローバー」で有名な羽海野チカ。

人物の心情の描き方には定評があったが、今作では更にそのセンスに磨きがかかっている。

私は、良い漫画には魂が宿ると思っている。

登場人物が生き生きと動きだし、読み手が共感をし、自然と応援をしたくなる。

失敗をしても、自分なんてダメだと思っても、周りは必ず見てくれている。

主人公の桐山零の周りには、実はたくさん応援してくれている人、支えてくれている人がいた。

彼がそれに気づいて、何とか報いようと頑張り、今度はその人たちの支えになっていく。

歩みはゆっくりだが、確実に成長をしていく彼の姿に、きっと勇気づけられると思う。

将棋が好きな人はもちろんだが、そうでない人にも自信をもってお薦めしたい作品だ。

鳩こんろのエロいハーレム漫画、女の子が落ちた先は ネタバレで画像を見て、女性キャラのエロ可愛さが気に入りました。

特に巨乳の大家さんが愛らしくて、とても年上には見えません。

ボロアパートの天井から女の子が落ちてきてHしてしまうシチュエーションも面白かったです。