「信長のシェフ」戦国時代に現代のフランス料理人がタイムスリップ

歴史上の人物に出会ったらあなたは何をしますか?しかもその相手がいわゆる偉人だったらどうでしょう?

今回紹介するのは「信長のシェフ」です。
主人公のケンは平成のフランス料理シェフですが、いきなり戦国時代にタイムスリップしてしまいます。

その上、自分にまつわる記憶も失ってしまいます。
混乱の中、料理の腕だけで彼は、かの織田信長に見出されます。
戦国時代を舞台に、時代の風雲児と記憶を失った平成のシェフが新しい時代を築かんと疾駆する、そんな物語です。

この物語で面白いのは、そもそも戦国時代にフランス料理がどれだけ作れるかということです。

醤油はなくバターもない、包丁もなければ泡立て器もない、そんな時代です。
ケンはそれらを自分の知識だけでなんとかしていくのですが、作者の確かな知識が感じられるところです。

でも、ハシを束ねた泡立て器は使いづらそうです。

料理人ケンが料理を武器に人と時代にと関わっていく物語「信長のシェフ」ですが、あなたがその立場ならどうしますか?

もし、美女二人と同棲生活を送ることになったら、どうしますか?

そんなハーレム展開を描いた、女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。は、今人気のアダルトコミックです。

おんぼろアパートを管理している巨乳の大家・清水由紀さんと、女優志願の美乳な女の子・丹生さん。

二人に囲まれて、Hな同棲生活が始まる話ですが、そのきっかけがアパートの床が抜けて、天井から落ちてきた女の子が勃ってる息子の上の入ってしまったと言う、お馬鹿なラッキースケベな展開が面白い作品です。